読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢は変身

特撮ヒーローなど好きなことをについて語ったりします。

ついにバトンタッチ

ニチアサ

こんばんは。

明日、ついにキュウレンジャーがスタートということで、わくわくしています。

今までのものとは一線を画す作品だと聞いていますので、さらに楽しみなのです!

 

 

新しい作品が始まるということは、一つ作品が終わるということ。

先週、ジュウオウジャーが最終回でしたね。

衝撃が二回も訪れたので、とても驚いた最終回でした!

まず、ジニス様の秘密。あれはジニスというひとつの生物ではなく、メーバが集まって形作っている虚像だったということが明かされました。それに気づかれたジニス様は取り乱して大暴れでした。醜い姿を見られたくなかったと。それを知ってもジニス様を愛そうとするナリアさえも受け入れませんでした。第1話から大物感バリバリでしたけど、本当は見栄を張っていただけなのかもしれません。私こういう考察は苦手なので「ちげえよ!」と思われるかもしれませんが、すみません(笑)ジニス様がなぜそういうことになって、ゲームとして数々の星を滅ぼしてきたのか、詳しく知りたかったです。

二つ目はラスト、まさかの人間界とジューランド融合。地球の意思でそうなったようですが……。ジュウオウジャーの面々は結果オーライな感じで受け入れていましたけど、世間はそうはいかないと思いますので、みっちゃんとラリーさんの講演会のシーンがあったのは細かいな〜と思いました。未知の生物が侵略しにきた!と捉えられてもおかしくないですし。ジュウオウジャーの世界がこれからどうなるのか、想像すると楽しいです。

本編全体を思い出してみると、結構な王道だったような気がします。しっかり者レッドは久しぶりでしたけども。飛び抜けてびっくりしたのはみっちゃんの性格ぐらいで。一作前のニンニンがすごかったからそう感じるのかもしれませんが(笑)メンバーの絆や、家族とのお話、先輩たちとの共演、どれも熱く感動するもので、40作品記念にふさわしい作品だったと思います。

個人的な話をすると、ジュウオウジャーでジーロッソデビューを果たしました。夏のザワールド登場と、秋ぐらいからのホエール登場の二回を見ました。ジーロッソ楽しかったです!!これからテレビ映画等で活躍するであろうスーツアクターさんが活躍中ということで、今まで見たどのヒーローショーよりもレベルが高いものでした(心の中で「レベルが違うんだよぉぉ!」と言っていました)。ストーリーとかもさすが公式だ〜と思うものでした(笑)感動したのはシャークの演出。海や波を青い布を使って表現したり、台車を使って泳ぐように滑るなど、難しいであろう水の生き物の表現のアイデアに二回とも驚かされて感心しました。テレビではほとんどCGですからね。あとはやっぱり、イーグルが本当に飛ぶのが感動でした!

一年間とても楽しませていただきました。ファイナルステージは東京公演が無かったので行けなくて悲しいです。この星の生き物を大切にしようと思った一年でした。

 

 

 

明日、キュウレンジャーが放送開始されます。41作品目のスーパー戦隊は、今までのどの戦隊とも違う始まり方です。最初から9人のメンバーが公開されている、宇宙が敵に支配されたところから始まる物語など……。40作品の伝統を受け継ぎ、また一年間楽しませてくれることを期待します!