読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢は変身

特撮ヒーローなど好きなことをについて語ったりします。

映画見に行ってきました

その他いろいろ
映画を2本見ました。
忘れないうちに、思ったことを書いておこうと思って、これを書いています。
公開中の作品なので、ネタバレはしません!



1本目は「妖怪ウォッチ
公開から約一ヶ月くらいでしょうか、まだ上演数も多くお客さんもたくさんいました。
この映画はサブタイトル「エンマ大王と5つの物語だニャン!」の通り、5つの物語で構成されています。

1.妖怪になったケータ
突然ポックリ逝ってしまったケータ。取り憑いた人を普通にしてしまう妖怪「フウ2」となったケータは、何もかも完璧な少年ユウトと出会う。ユウトには悩みがあって。

2.ジバニャンの華麗なる作戦
未来にタイムスリップしたジバニャンは、生前の飼い主であるエミちゃんを発見。大人になったエミちゃんは、夢であったファッションデザインの会社に勤めていたが、なぜか浮かない顔。そこでジバニャンは、ロボニャンF型、ブシニャンとともに、エミちゃんをハッピーにする作戦を決行する。

3.コマさん家に帰る
家に帰ってきてほしい、と母ちゃんからの手紙を受け取ったコマさんとコマじろうは、里帰りをする。帰ってみると、「弟ができたズラ!」と突然の報告。その弟は、人間の赤ちゃんだった。

4.USAピョンのメリークリスマス
今年のサンタ当番がまわってきたUSAピョンは、イナホと共にプレゼントを配ってまわる。すると、「サンタさんへ プレゼントはいりません」と書かれた手紙を枕元に置いた少年が。

5.妖怪ワールドへいこう
エンマ大王が人間の病気にかかってしまい、ぬらりひょん議長は人間と妖怪の交流を禁止する。その結果、ケータたちはお互いの姿が見えなくなってしまった。納得のいかないフユニャンたちは、禁止令を解いてもらおうと、エンマ大王の別荘のあるワイハーリゾートに向かう。

この5つ。テキトーにあらすじも書いてみました。
去年の「誕生の秘密だニャン!」も見ましたが、今年も楽しかったです。
どのお話も、心温まるストーリーでした。
とくに4つ目のお話は、最後涙目になってしまいました…
ですが、少し気になったのが5つ目のお話。
ぬらりひょんやエンマ大王の心情や過去を、もう少し詳しく見たかったなあと思いました。時間が足りなかったのでしょう…
好きなところは、映画ならではのCG背景にカメラぐるんぐるん。
ジバニャンのお話での駆け抜けるシーンや、コマさんのお話での時計塔の中などが印象深いです。
綺麗なCGのなかカメラワークがぐるぐる動き回ってるのが、どの映画でもなんだか好きなんです…
前作よりカオス度が増してた気がしましたが(笑)とても楽しめました!


2本目は「ピンクとグレー」
加藤シゲアキさんの小説が原作です。
これも楽しめました。
62分後に訪れる仕掛けも。
楽しめたんですが…
かなりエロティックなシーンが後半あり「あれ、年齢制限間違えたかな…未成年見ても平気なやつかなこれ…」と不安になりました(笑)
確認したら年齢制限は無かったですが、少し注意です。
62分後の仕掛けも、もしかしたら人を選ぶものかなーと…
普通に驚く方もいれば、「ええ…」と落胆する方もいるだろうな、と思いました。
私は、まさにグレーになる演出、好きですね。
芸能界の闇?を、見ることができる作品です。



1日に2本見るのは初でした。
いやはや、ずっと座ってるの結構疲れました。
そして間に何か食べればよかったと後悔しました(笑)
ですが、どちらも楽しめたので問題はないです!
次見に行く映画は戦隊VSです。
明日はトッキュウVSキョウリュウがテレビで放送されますね。
戦隊VSは見たことがないので、どんなものか楽しみです。