読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢は変身

特撮ヒーローなど好きなことをについて語ったりします。

ウルトラマンXが終わって悲しいので語ってみる

あけましておめでとうございます。
2016。
今年も頑張るぞ。



さて
昨年末最終回を迎え、そしてこの間総集編が放送され、幕を閉じたウルトラマンX。
私が初めて真剣に見たウルトラマンだろうと思います。
終わってしまって、とても寂しいです…

戦隊に興味を持ち、特撮を見始め、ウルトラマンも見ようかと考え始めたのは、丁度ギンガSが始まる時でした。
一、二話と見ましたが、続けて見られず…
間があき、つけたらやってたからという理由で見た、メトロン星人?がオタ芸をやる回。
それも少しうーん、となり…いや、オタ芸をやっている宇宙人の画はすごく面白かったんですけど(笑)
そのうーんの原因は、「ゆっくりとした戦闘シーン」でした。
私が見てきたライダー戦隊は、等身大ヒーローなので、スピード感のあるアクションをします。
それに慣れていたその時の私には、うーんと感じたんだと思います。

Xが発表され、デザインが好みだったので、また見てみようと思いました。
不安を抱えながらも一話を見てみました。
その時の感想は「あ、これは面白い」
苦手だなあと思っていた戦闘シーンも見ていくうちに全く気にならなくなりました。
というか、戦闘シーンが面白いんです!
毎回凝った演出や戦い方があり、見ていて全く飽きない。
Xの必殺技「ザナディウム光線」も、毎回出し方が違う。
どうやら監督などの間では、「登場の仕方大喜利」「ザナディウム大喜利」が行われていたそうです(笑)
Xではたくさんの監督さん、脚本家さんが参加されていたので、その間で競い合っていたのでしょう。
その監督たちの、誰よりも面白い登場の仕方、光線の打ち方にしてやろうという思いが、飽きさせない面白い戦闘シーンに繋がったんだと思っています。

ストーリーも良い。
基本一話完結なのですが、面白くないお話がほとんどない!
印象に残っているお話がたくさんあります。
一話はやはり好きなお話です。デマーガはお気に入りの怪獣です。
とくに好きな回は、ゴモラとM1号のお話。
大地の親友ゴモラの実体化実験中にダークサンダーエナジーが落ち、凶暴化してしまう…というお話でした。
大地の夢である「人間と怪獣の共存」は本当にできるのか?M1号は大地に問いかけます。
隊長の駆除命令を無視し、「私は信じてる!あなたと共に生きる未来を!」とゴモラに叫ぶアスナ。それに心を動かされたM1号は、人類に希望を見出し、大地とXを地球に帰します。このセリフうろ覚えですが大好きです。
この回は、本当に感動しました。おそらく、序盤から見てきた人にとっては涙必須のお話かと思います。大好きです。
異色という意味では、ラグビー回、密着24時回、ムーちゃん回が印象深いです。24時のお話は終始笑っていました!(笑)

先輩ウルトラマンの客演回は、Xがほぼ初なので知っている方は少なかったですが、どれも最高でした。
マックス客演回の、「待て!」と博士と同じ顔がやってきて「Xが暴走したのはあいつのせいだ。あいつは偽物だ」「バレてしまっては仕方がない…」みたいなやりとり(かなりうろ覚え)も、あるある感はあれどやっぱり熱くなります。好きです。
ギンガ・ビクトリーがゲストの回は、二話完結の大きなお話でした。映画並みのド派手なアクションシーンがとても印象に残っています。
どうやら特撮界では有名な、坂本監督がメガホンをとったそうです。
この方は存じあげなかったのですが、仮面ライダーWやフォーゼなどでも監督をしているそう。アクション、そして女性の撮り方に特徴があるようです。気になる監督です。
このお話を書いた脚本家の方がツイッターで「屋上で大地、ヒカル、ショウが話すシーンが、『チャラい先輩に呼び出された真面目な後輩』にしか見えない(笑)」とつぶやいていました。そういわれると、確かに見える!(笑)
そして、ネクサスの客演回。
私はこのウルトラマンを全く知らなかったので、まず副隊長が変身したことに驚きました。「えっ副隊長なの!?いいのこれ!?」
ネクサスは変身者が複数いるということを後から聞き、納得をしました。そんなのもいるんですね…
当時ネクサスの主人公を演じていた役者さんは、副隊長の夫役で出演していました。そこ!?とこれまた驚きました(笑)
でもこれを知っていると、彼とは別人ですが、湖の前で夫さんがネクサスと見つめ合うシーンが意味深になります…
この回に合わせてか、YouTubeでネクサス4話まで配信をしていました。大人な雰囲気の漂うお話に引き込まれました。続きがとても気になります。

X最終章は、2話完結でした。
とにかく絶望感のすごいこと、すごいこと。
序盤、大地が実験をしているところにアスナが様子を見にやってくる、オペレーター2人とハヤトがお昼ご飯ジャンケンをしているなど、平和な日常がえがかれます。
その日常を、グリーザという怪獣が、ぶち壊します。
このグリーザ、グルマン博士によると「無」の存在。
ぐねぐねしたり瞬間移動したり不安定な動きがとても気持ち悪い。物理攻撃はあたりません。
そしてとても印象深いのが、鳴き声!子供の笑い声のように聞こえるんです。破壊することを楽しんでいるように見えました。
グリーザに敗れたXのカラータイマーが、基地の前に突き刺さっている…その画で次週!とされたらもう待てない!(笑)
このあと大地とXはアスナの思いによって復活を果たすのですが、それにいたるまで全く希望が見出せなくて、とても不安でした(笑)まさか負けたまま終わりとかないよね!?なんて。
その後もかなり厳しい戦いでしたが、無事勝利。ハイブリッドアーマー、Xの特徴でもあり、そして大地の夢の形でもあるよね、とツイッターで見かけました。その通りだと思います。
素晴らしいお話でした。

長々とかいてしまいました…
とにかく!
ウルトラマンX、半年間すごく楽しませていただいた作品でした。
こんなにも楽しませてくれて、他のウルトラ作品にも興味を持たせてくれて、感謝です。
見てよかったと、本当に思います。
大好きです。
春の映画も見に行こうと思ってます。
できれば2期も…ないですか!?(笑)




そんなウルトラマン、お正月から東京ドームシティプリズムホールにてイベントが開催中だとか。
大地役の高橋くん、主題歌歌手でオペレーターなボイジャーは毎日出演だそう。すごいぜ。
私も行こうか迷っています…Xに会ってみたいです。